MENU

rh血液型の調べ方知っていますか

スポンサーリンク

−(陰性)が日本人には稀にしかいないというrh血液型。
ですが、その調べ方となるとご存知の方は少ないのではないでしょうか。
占いなどではABO血液型が良く使われていますが、そのABO型の次に重要なのが、今から説明するrh血液型です。
その調べ方(判定方法)を調べてみました。
そもそも、rh式って何でしょうか。
1940年にラントシュタイナーと弟子のウイーナーがアカゲザルと人間とに共通する赤血球抗原がある事を発見しました。
そしてこの抗原の有無により、分ける方法をrh式としました。
この抗原で良く知られているものに、C・c・D・E・eという抗原があります。
その中でも特に重要な「D抗原」がその人の赤血球中にあるかないかで判定されます。

スポンサーリンク

では、どの様な時、この判定方式の血液型が重要なのでしょうか。
それは、ズバリ「輸血」の時です。
rhが陽性(+)の人は陽性(+)と陰性(−)の両方の輸血を受ける事ができますが、陰性(−)の人は陰性(−)の輸血しか受ける事ができません。
そして日本人は陰性(−)の人の割合が0.5%(200人に1人)であり、白人の15%(100人に15人)に比べ、かなり少ない割合です。
ちなみに、ABO式で日本人に少ないAB型で、かつ、陰性(−)の人の割合となると、0.0005%(2000人に1人)と極めて少ない割合となります。
ここまで読んで頂いて、「自分が陽性(+)なのか、陰性(−)なのか知らない」という方もいらっしゃると思います。
そんな方は以下のどれかの方法で確認される事をお勧めします。
かかりつけ医がいて、血液検査をした事があるのであれば、陽性(+)か陰性(−)か聞いてみましょう。
かかりつけ医がいなければ、近所の診療所などで、血液検査を依頼してその結果を聞いてみましょう。
他には献血時に検査してもらうという方法もあります。
これを機会にご自分の血液型を調べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク