MENU

CRPの数値の異常で入院をするのってなんでなの?

スポンサーリンク

血液検査による「CRP」の項目で数値が高いことで、入院することがあるということがるのですが、今回は「CRP数値による入院」について説明をしてきたいと思います。
CRPというものは、体の内外の炎症によって反応をしめすものです。
これは、体に異常が起こっているということを判断をするために、非常に有効な手段です。
しかしながら、この原因というものがものぁ?何が原因で数値が上がっているのかということについては、ほかの検査を行わなければ完全に把握することはありません。
また、血液検査で重要視されるもので、「CRP」と「白血球」があるのですが、この2つでより病気を特定する材料として使用されることがあります。
ではなぜ入院をする必要性があるのかについてですが、このCRPというものは炎症に反応をしめすのですが、炎症を起こすと2〜3時間のうちに急激に血中量が増加します。
そして2〜3日間で最大になりその後、減少をしていくというものです。
そのため、特に数値が高い場合には即、入院をして原因の特定を行う必要があります。

スポンサーリンク

    範囲                   単位(mg/dl)
一般的な基準値の範囲               0.3以下
軽い炎症などが確認される範囲           0.4〜0.9
中程度の炎症などが確認される範囲          1.0〜2.0
中程度以上の炎症などが確認される範囲      2.0〜15.0
重度な疾患、炎症が確認される範囲        15.0〜20.0
これは、数値のおおよその判断基準になるのですが、数値が中を超える炎症であった場合には、命に関わる病気の可能性があり得るということで入院が必要なことがあります。
特に、「癌、脳こうそく、心疾患」などは、緊急性の場合や、早期治療で体に対する負担を過度に減少することができるということがあります。
こういった狙いがあり、また体を安静することで、脳、心疾患により急な症状が起こることを防ぐということができます。
またリウマチをはじめとした膠原病でも数値が上昇します。
膠原病は、現代の科学ではまだ完全に原因が把握されておらず、自己免疫異常が原因と考えられてはおりますが、様々な説がありまだ完全解明には時間がかかるとされています。
これらも早期に治療を行う場合と、時間が経過してからの治療では全く異なる治療結果になりますで、早期が好ましいです。
また特に多いのが、子供の入院ですが、子供の場合には免疫力が低いということもあり、重度の炎症の場合には命を落とす危険も高いです。
このように、炎症により原因を把握して適切な治療を行う必要があるというのが入院と関係してます。

スポンサーリンク