MENU

血液検査「crp」の数値が低かったり高かったりこれは大丈夫?

スポンサーリンク

数多く存在している、血液検査の項目から、今回は「CRP」について説明をしていきたいと思います。
まずは、CRP血液検査というものですが、こちらは血液中に含まれる「C反応性たんぱく」というものが血液にどれくらい含まれているのかを確認するものになります。
このC反応性たんぱくは、「免疫比濁法(定量法)」と呼ばれている検査に当たります。
さて検査をするとどういったことがわかるのでしょうか?
この数値の変動により体内で炎症性の刺激や細胞の破壊が起こっているということが判断されます。
体内で炎症が起こることで、急激に増加してくるタンパク質成分が「C反応性たんばく」になります。
そして症状に反応して増加する物質のことを「急性相反応物質」と呼びます。
CRPを行うことで、「急性の炎症の発生」「細胞の破壊具合」これらの確認を行うことができます。
一般的にはCRP数値の基準値の範囲は以下になっています。

    範囲                   単位(mg/dl)
一般的な基準値の範囲               0.3以下
軽い炎症などが確認される範囲           0.4〜0.9
中程度の炎症などが確認される範囲          1.0〜2.0
中程度以上の炎症などが確認される範囲      2.0〜15.0
重度な疾患、炎症が確認される範囲        15.0〜20.0

 以上のようにCRP数値は数値が高まるほど、炎症の度合いが高い。
検査値が基準値よりも高い場合についてですが、細胞に炎症が起こっていることがあり、
「ウイルス性感染症、細菌性感染症、悪性腫瘍、心筋梗塞、膠原病」などがあります。
また、外傷ややけど、壊死などでも数値が上昇します。
他にもCRPの反応が起こる可能性がある一般的なウイルスや細菌です。
「ウイルス性肝炎、結核、インフルエンザ、マイコプラズマ、デング熱、レンサ球菌、手足口病、百日咳、ヘルパンギーナ、クラミジア、ウイルス性髄膜炎、レジオネラ、プール熱、梅毒」などがあります。
逆に数値が低い場合には、この場合には、多少の前後はあるとは思いますが、基本的には低いことで気にすることはないということが言えます。
このように、多くの病気に該当することがあるので、体に違和感をあまり感じずに数値異常があった場合には、細かく検査を行うことが好ましいかもしれません。