MENU

血液検査で「ggtガンマ」低いけどこの原因ってなに!?

スポンサーリンク

皆さんは、健康診断を受けたことがありますか?
ほとんどの方が受けたことがあるかと思います。
しかし、健康診断の結果を見て思うのが、この単語というのは、一体なんなんだろう?という疑問ではないでしょうか?
仮に、所見や要再検査などと書かれていても、この言葉もわからないとなぜ?と思うことも多いのではないかと思います。
今回は「γ(ガンマ)が低いことの影響」について説明をしてきたいと思います。
血液検査において、γ-GTPの数値が基準値よりも低い場合にどのようなことがかんがえられるのでしょうか?
このγ-GTP検査値が基準値の範囲よりも低くなっている場合ですが、まずは「非アルコール飲酒者」であることが考えられます。
アルコールの摂取量がほとんどない方やまったく摂取しない方というのは、γGTPの基準値をした丸ことが多いです。
これは、大きな問題ではないので基本的にはあまり心配をしなくてもいいかと思います。
アルコールを摂取していないので当然といえるものです。

スポンサーリンク

しかし、極端に数値が低い場合には注意が必要になります。
また女性ホルモンの影響を受けることがγGTPが減少しているということがあります。
女性のγ-GTP数値というのは、男性にくらべて、基準値自体も低く設定されています。
これには女性ホルモンが関わっているんです!!
女性ホルモンの成分には「ガンマグルタミントランスペプチターゼ」通称ガンマを低下させる働きがあります。
男性でも、女性ホルモンは生成されるのですが、女性に比べるとその量は比べ物にならないくらい少ないです。
そのため、特に妊娠中の妊婦の数値は低くなるといわれています。
妊娠中といのは、女性ホルモンを多く分泌される時期でもあります。
この際に、血液を検査を行った場合には、通常の数値に比べても低くなっていることが多いです。
こちらに関しても原因がわかっているので心配する必要は特にはありませんが、上記同様にあまりにも極端に数値が低い場合には、医療機関で検査を行い原因をしっかりと把握する必要があります。

スポンサーリンク