MENU

血液をサラサラにする薬とは?

スポンサーリンク

血液というのは、体にとって欠かすことの出来ないものです。
そのため血液は常に健康的な状態にしておきたいものです。
「血液の健康=体の健康」 といっても差支えがないくらい双方ともに比例しているかもしれません。
また、血液の健康状態が悪いと、命に関わる病気に発展することが非常に多いです。
そのためなおさら、血液には気を払っていただきたいと思います。
血液の状態が悪いと、「動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞」と行った非常に重大な事態に陥る可能性が高い病気になります。
このような病気は、たいていが、血液がドロドロな状態のことが多いです。
そのため、薬とを使用して、血液をサラサラな状態にするということを行います。
抗血栓治療法と呼ばれる場合もございます。
血液に血栓を作るのは、凝固による作用ですので、血小板の働きを抑えることが必須になります。

スポンサーリンク

抗血小板療法

アスピリン、パナルジン、プラビックス、プレタール、プロサイリン、ドルナーetc…

抗凝固療法

ワーファリン、ヘパリン、フラグミン、オルガラン、アリクストラ、スロンノンetc…

上記のような薬を使用することで、治療を行うことになります。
またこの治療薬を使い分けることが重要になります。
特に、凝固にかんしては、仮に怪我をした際に、止血がなかなか出来ないと薬の作用が現れますので、注意が必要になります。
治療薬で血液の状態を改善することは出来るのですが、あくまで、薬の役割であり、副作用もあります。
そのため、薬に頼らずに、自分の生活習慣を治し、根本的部分を改善する必要があります。
これにより、健康的な体、血液になります。
自分の生活習慣を改善するのは非常に難しいですが、可能な限り挑戦してみてください。

スポンサーリンク