MENU

血液検査のr-gtの項目の意味は

スポンサーリンク

血液検査の項目にあるr-gtという項目はどのような物質なのでしょうか。
これに関しては肝臓や腎臓などに含まれている酵素の一種であり、アルコールに関する項目と考えておくと良いでしょう。
これに関しては基準値が男性であると50U/L、女性であると30U/Lまでが基準値であり、これ以上高い数値が出るとアルコールの摂取しすぎであるとされています。ですが、前日に飲み過ぎた状態で血液検査を行うと、その際に高すぎる数値が出てしまうこともあるので、血液検査の前日はアルコールを摂取しないようにしましょう。
このようにアルコールが原因で高い数値が出ていることが多いため、r-gtと一緒にこれが高い人は尿酸値も高いことが多いです。

スポンサーリンク

それではr-gtの数値が高すぎた場合、どのような病気が疑われるのでしょうか。
まずはアルコールが関連する肝臓の病気です。
これに関しては肝炎や脂肪肝が挙げられます。
それに加えて急性・慢性肝炎や肝硬変、肝臓がんなどといった肝臓の異常であることが多いです。
これを予防するためには、日頃からアルコールの摂取を控えることが予防になり、基準とすると毎日瓶ビール3本以上飲んでいる人はr-gtの数値が高すぎることが多いので、これを目安にの見すぎないようにしましょう。
特に女性は基準値が男性より低いので、その分これらの病気にかかりやすいと言えます。
そのため、出来れば毎日の飲酒は控え、一日飲んだら少し間をあけるなどと言った肝臓を休める期間を持つことが健康維持のためにも大切です。

スポンサーリンク