MENU

血液検査fe低い高いは鉄とどのような関係があるのでしょうか

スポンサーリンク

血液検査fe低いという結果を見た場合、多くの人は何となくそれが何を意味するのかを理解することが出来るでしょう。
feとは鉄の元素記号であることから、この検査は血液の中でも酸素を全身に運ぶ働きをしているヘモグロビンを構成する物質の一種である、血清鉄の量を測定するものなのです。
そもそも人間は1日の食事によって10〜15mgの鉄を摂取しています。
しかし、これらは成人男性の場合には1日で1mg程度が汗やや尿、便によって排泄されてしまいます。
また、女性の場合にはこれにプラスする形で月経時には20〜30mgが失われるとされています。
ですから、実際に体内に吸収されるのは摂取した分の約10%ほどで、それらは胃液の中の塩酸によってイオンに変化し、十二指腸や空腸から吸収されているのです。

スポンサーリンク

健康な人ならば、3〜5gある分の3分の2がヘモグロビンに、約3分の1がフェリチンやへモジデリンとして肝臓に蓄えられます。
そして、残りの約0.1%がトランスフェリンと呼ばれるタンパク質と結合するのです。
血液検査fe低いという結果が出た要因としては、過度なダイエットや偏食によるfe不足、妊娠や成長期によるfeの需要の増大、体内での慢性的出血や月経過多によるfe喪失量の増加などが挙げられます。
このような場合には、タンパク質・ビタミンC・ビタミンB群・葉酸を取り入れるために、肉や魚、ほうれん草などの葉物野菜、ひじきなどの海藻類を食べて、血清鉄を高い状態に保つことが大切です。
また、血清鉄が低いことが原因で起きる疾患としては、通常の貧血や慢性出血(消化管出血や痔などがあります。
)などがあり、逆に高い場合には肝障害(蓄えられていた分が放出されてしまいます。
)や再生不良性貧血(骨髄での赤血球の産出が低下することが原因です。)などがあります。

スポンサーリンク