MENU

血液の検査やサラサラにする方法、正常値、成分について解説します!

スポンサーリンク

人間だれもが、必ず体に巡っている液体で「血液」というものがあります。
血液はどのようなものなのかごぞんじでしょうか?
血液は体の体重のだいたい8パーセントくらいの割合をしています。
また血液は45%が赤血球、白血球、血小板という細胞が割合を占めており、残りは液体である、血漿から構成されています。
ではこの血液の成分についての説明を行いたいと思います。
赤血球

ヘモグロビンにより、酸素を体中に運ぶ役割を持っています。
また、酸素の運んでいる量によって、色に差が出ます。
動脈血だと、明るい赤ですが、静脈血だと、少し暗めになります。

白血球

この白血球は体に進入した、細菌や異物に反応をおこし、駆除を行います。
そのため、体を守るのに大きな役割を持っています。

スポンサーリンク

リンパ球

リンパ球は白血球に属するもので、「免疫グロブリン」というものを血液の中に生成します。
これによって、「抗原性」の細胞を攻撃します。

血小板

こちらは血漿の成分に1役買っていて、血液が固まることや怪我などで出血した際に、止血の役割を行います。

血漿

成分の9割が水から出来ています。
血漿の役割は、全身を回り、栄養、水、イオン、ホルモンを届ける役割を持っています
また不要なものや、過剰な水分といったものを持ち帰るという役割も持っています。

 

このように血液はさまざまな成分によって構成されていて、このそれぞれの成分によって、体守ったり、体を構成する部分を造ったりと多くの役割を占めています。
また体に巡っている血液ですが、この血液を検査することで多くの情報がわかるようになりました。
血液検査といえば、小さな子供から、高齢の方までほとんどの方が経験をしていることだと思います。
血液にはいろいろな情報が入っています。
体に不調が起こった際に調べる項目で血液があります。
また、健康診断などでは血液を採取するという工程があります。
とくに社会人の方などは、この血液検査によって自分の体が悪いということを認識した方や、病院に行くように促された方も多いかと思います。
それだけ、血液というのは、体の異常に関しての情報を持っています。
また、血液は、正常な状態ではさらさらな液体に近い状態なのですが、脂質など大量に体に蓄積すると、血液がどろどろな状態になったりします。
そうすると、動脈硬化や心筋梗塞など、血液から多くの病気につながることもあります。
普段から、血液を健康な状態にすると、体が元気なことがほとんどです。
そのため、普段の生活から健康的な血液にいられる努力をしましょう。

スポンサーリンク